くにさき画報

死するとも なほ死するとも我が魂よ 永久に留まり御国護らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まとまらない考え


日本人にとって重要な意味を持つ日が続く。
8月6日に『広島・長崎』について何か書こうかと思ったが考えが纏まる事もなく、書けば書くほど矛盾が生まれて混乱する有様。
「戦争と平和」「個人と国家」「理想と現実」等々・・・、
今の浅薄な知識では纏まった文章は書けないと判断、途中まで書いたものを消した。

「平和が一番」とか「命を大切にしないヤツなんて大っ嫌いだ!」とか、そういう言葉を並べるだけなら簡単ですが、思考停止に陥る危険はないだろうか。
それに、普段「平和」という言葉をよく使う人達の「胡散臭さ」というものが僕を素直にさせてくれないでいる。

日本の核武装論についても葛藤がある。
僕は日本の核武装については可能性を排除すべきではないと考えている。
「状況如何によっては核武装もやむなし」という考えだ。
日本に対して軍事的恫喝を加えてくる周辺国に対するカウンターとしてのカードを、こちらから捨てる必要はないという程度ですが。

しかし一方で日本の核武装について強い抵抗感が存在する。
かつて同胞を、犬や猫や、鳥や草木や、あらゆるものを実験紛いの作戦で焼き尽くされた事を思えば、
この嫌悪すべき兵器を日本人が手にしてよいのだろうかと悩みだす。
世界で唯一、実戦で被爆した日本人が核武装する・・・なんだか悲しい世界だなぁと思う僕がいる。
僕ですらそう思うなら、左巻きの人、平和盲信者の方々は如何ほどだろうか。
ただし、前述したように僕は「状況によっては核武装やむなし」という考えではある。

と、まぁ核武装論一つとってもブレるワケで、『広島・長崎』についてはやはり今年も断言できる主張の確立は成りませんでした。


ちなみに日韓翻訳掲示板などで韓国人がよく「もう一度アトミックボムを受けたいか」などと挑発してくるわけですが、
「原爆」→「自業自得」→「反省・謝罪・賠償」→「日本人が土下座するなら日韓友好」
という思考が当然のように定着しているようです。
特定アジアや日本のサヨクは大体こういう論理を使ってきますね。
これについては、それとこれとは論点が違うという事をクドイぐらい説明したうえで拒否しますが。

IMG_1010_1a.jpg
爆心地の空。
2006年8月。僕は地を這う一匹の悩める日本男児。
全ての犠牲者の為に、黙祷。





→人気blog歴史ランキングへ

→FC2 Blog Rankingへ


スポンサーサイト
  1. 2006/08/08(火) 23:28:25|
  2. 戦争の記憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ウオォォォッ大和ォォォォァァァッッ!!




「ウワーッハッハッハッハッハッ!」
「ウギャァーッハッハッハッハッハッ!」


「何この下品な滑り出し・・・。
それになんちゅータイトルだ・・・。」



「ゥオワァーッハッハッハッハッハッ!!」
「オラーッ、とくと見んかーい!!」





IMG_1069_1.jpg
広島県呉市にある「大和ミュージアム」
メディアにも度々取り上げられ今更という気もするだろうが、映画「男たちの大和」で使われた「第二主砲塔」などのセットが廃棄されずに「大和ミュージアム」に委譲、保管展示されるかもしれないという事で、支援の意味でのエントリ。

IMG_1022_1.jpg
(クリックしてその勇姿を確認セヨ!)
「大和ミュージアム」はいよいよ来場者数200万人に手が届きそうである。このテの博物館では異例ともいえる。民族の名を冠した唯一無比のこのフネはその悲劇的な運命と相まって未だに根強い人気があるようだ。

IMG_1038_1.jpg
来場者の年齢層は幅広い。恐らく父親に連れられて来ただけであろう子供達も初めて見る「大和」や「ゼロ戦」に度肝を抜かれているようだ。「スゲー、スゲー」と繰り返す子供に、「本物はもっとデカイんだ」と若い父親が笑って答える。


決して戦争を賛美しているわけではない。戦争も死も敗北も全て僕達の歴史、歩んできた足跡だ。自分に繋がる歴史を記録し記憶する事は人格形成に大きな影響を与える事だろう。「日本は偉大だ」と単純に思うも良し、「戦争は嫌だ」と単純に感じるも良し。どう受け取るかはその人次第だ。


「大和ミュージアム」にはその他にも様々な展示や企画が催されているが、正直、史料も資料も豊富とは言い難い。あきらかに無駄なスペースもあり、今後とも資料収集に尽力してもらいたいものだ。


漫画家、松本零士氏の「アナライザー」。
やや違和感を覚えるが松本零士氏のこれまでの「大和」に対するリスペクトを考えるなら許容範囲である。以前、氏の「大和」及び「宇宙戦艦ヤマト」に対する思いを語ったインタビューを見た事があるが、フネや海の男達に対する純粋な愛情と日本人としての自負心が垣間見えた。

IMG_1057_1.jpg
(↑さぁ、クリックしてもう一度目に焼き付けるのだ、その勇姿を!)
他にもたくさんの展示物があるが、写真の公開はここまでにしておこう。後は実際に見に行って欲しいのです。
余談ですが、ミュージアムの場所がわからず車を止めて地図を見ていると、地元、呉のおじいさんが話しかけて来て丁寧に教えてくれた。慣れているようだ。「大和ミュージアム」が呉の観光の中心になる事を感じていたのかも知れない。




「ククク・・・。我が帝國海軍の威光、衰えを知らず。驚いたか、チビ助!




「すごいねー。でも船のあの一番高い所まで階段で登るのは大変ねー。」




「一番高い所?艦橋か?艦橋まではエレベーターで上がるんだぜ。」




「当時エレベーターなんてあったの!?イメージないなぁー。
日本兵ならはしごで登って行きそうじゃない?」


「ナメてる・・・お前は絶対オレ達の世代をナメてる・・・。」





『ウオォォォッ大和ォォォォァァァッッ!!』 終わり


↓平成生まれはいっぺんマジでシメないかんと思った人はクリック!
人気blog歴史ランキングへ

FC2 Blog Ranking

アクセス解析





テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/06/17(土) 15:55:49|
  2. 戦争の記憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

コウノスケ

Author:コウノスケ
特攻隊の亡霊クニオと少女サキの
「祖国日本」を知る旅。








最近読まれている記事

    ☆ブログ内ランキング☆ アクセス解析

カテゴリー

最近の記事+コメント

全タイトルを表示

月別アーカイブ

ブログ内画像ランダム表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブログランキング

FC2ブログランキング


人気blog歴史ランキング

お気に入りブログ



  • takeshima dokdo dokto tokdo tokto
  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。