くにさき画報

死するとも なほ死するとも我が魂よ 永久に留まり御国護らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「昭和の町」豊後高田市

title_1.gif


おっ?今度は俺の時代の話か?




残念でした~。今回は豊後高田の「昭和の町」でーす。ここは昭和30年代(1955〜)をコンセプトにしているので、ちょうどアナタの子供の世代じゃないかしら。



へぇ。俺が死んだ後の世代の文化か、面白そうだ。







国東半島、大分県豊後高田市


僅か10年前まで「犬と猫しか歩かない」「シャッター通り」といわれ、もはや消えるのを待つばかりだった商店街の逆転劇を観るようだった。


寂れた古い商店街など何処にでもあるが、それを逆手に取り、市を挙げて取り組んだ「昭和の町」計画は予想以上に反響を呼び、当初、年間5万人の観光客を見込んでいたが、今や年間20万人が訪れる観光地となった。


ハード面への巨額投資による再開発ではなく、本来持っているソフト面を重視し低予算で町を復活させたこの計画は、成功というより奇跡と呼ばれ、度々メディアに取り上げられる。


特に福岡のおもちゃコレクター小宮氏の誘致は「昭和の町」のコンセプトを明確に決定づけた。
小宮氏は日本全国でも有数のレトロアイテムのコレクターで、早い話が「オタク」なのであるが、駄菓子屋に憧れ、駄菓子屋の資料館を造り、自らも駄菓子屋になってしまったという神的オタクである。

市長自ら「一種の企業誘致のつもりでやった」と後に語るほどの熱のこもりようで、小宮氏は遂に豊後高田市に移住を決意した。
古い蔵をそのまま利用した「駄菓子屋の夢博物館」は今や「昭和の町」の中核である。

bt01.jpg
ここには日本の豊かなサブカルチャーが溢れている。


これ全て個人所有。しかも全部は入りきらなかったというから恐るべし、日本のオタク。


しかし、さすがにやや高い世代向けだろうか・・・。


と、思っていたら、「ゲームウォッチ」キターーーーーーー!
もはや1970年代生まれの思い出もしっかり「昭和」に組み込まれていた。


これ「チョロ獣」。え?知らない?ほら、「ミニ四駆」ってのがあったでしょ、アレの前に「チョロQ」ってのがあって・・・いや、長くなるのでやめておこう。


今は別の企画展示が行われているかも知れないが、「昭和の小学校」という展示があった。廃校となった小学校の備品をそのまま使っているので机や黒板に小学生達のアホな落書きが残っていて笑った。机にあいた穴でゴルフコースが造られているのを見ると、子供の頃に考える事は大差ないんだなぁと思わずニヤリ。
50代と思われる女性が興奮してあれこれ思い出話をしていた。この人達の世代だ。少女時代を鮮明に思い出しているのだろう。

IMG_1896_2.jpg
併設する駄菓子屋も普通に営業中。地元の子供達も学校帰りに立ち寄る。(前述の小宮氏はいつもここで古い歌をガンガン掛けながら店の前で古いタバコを吸っているイメージがある。とても気さくで話好きな人なので訪れた方は、話しかけてみては如何だろうか。)


当初は、突然、観光客が訪れるようになった事で豊後高田市の人々が逆に驚き、県外からやってくる観光客を珍しそうに見ていた微笑ましい時もあったが、いつまでも成功の余韻に浸ってもいられない。
今はまだ、「昭和の町」はほんの一画で行われている印象だが、幸いな事に出店希望者が多く、周辺の商店街を巻き込んでまだまだ成長していく事だろう。





昭和30年代という微妙な古さを上手く突いたっつー感じだな。大型量販店に叩き潰されるばかりの商店街がアイデアで成功した稀有な例だろう。



あら、意外とクールな反応ね。もっと「ウオォッ昭和ァァァッ!」とか言って興奮するかと思ったのに。




いやぁ、応援してるさ。もっとこうドップリ昭和に浸れるような雰囲気ある街づくりを続けてもらいたいものだ。ちなみに俺、死んだのは昭和だけど、
ギリギリ大正生まれなんだよね。


え、そう・・・。そういえば私は平成生まれだったわ。昭和生まれは管理人だけ?




そうか・・・。よく考えたら、「激動の昭和」生まれはこの先、減る事はあっても増える事は二度とないんだよな・・・。
よし、ここは昭和生まれにシメてもらおう。管理人、召還!



こんばんわ、豊後高田生まれの昭和生まれです。すんません、オチが思いつきません。




誰?




「昭和の町」豊後高田市 終わり


懐かしいと感じた人はクリック!↓
人気blog歴史ランキングへ

FC2 Blog Ranking

(青いスーツの男の名前を知っているなら必ずクリックするはずさ・・・)
アクセス解析
スポンサーサイト

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/06/15(木) 23:35:15|
  2. 知られざる国東半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<鍋焼きプリン?? | ホーム | 国東の奇祭「ケベス祭り」>>

コメント

これわ

ポートピア連続殺人事件?
  1. 2006/07/12(水) 21:14:20 |
  2. URL |
  3. かっぱやろう #-
  4. [ 編集]

うぷぷ

アタリです。
当時、小学生だった僕の度肝を抜いた名作です。
エンディングを見るだけなら10分で解けるとか。
  1. 2006/07/12(水) 22:23:17 |
  2. URL |
  3. コウノスケ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kunisaki.blog69.fc2.com/tb.php/21-f35b9710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コウノスケ

Author:コウノスケ
特攻隊の亡霊クニオと少女サキの
「祖国日本」を知る旅。








最近読まれている記事

    ☆ブログ内ランキング☆ アクセス解析

カテゴリー

最近の記事+コメント

全タイトルを表示

月別アーカイブ

ブログ内画像ランダム表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブログランキング

FC2ブログランキング


人気blog歴史ランキング

お気に入りブログ



  • takeshima dokdo dokto tokdo tokto
  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。