くにさき画報

死するとも なほ死するとも我が魂よ 永久に留まり御国護らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「かずら橋」で考える伝統の継承と保存




「わぁ!何これ?どこ行ってきたの?」




「これは徳島県三好市の西祖谷山村の『かずら橋』ってやつだ。」




「にしい・・・『かずら橋』?」




「にし・いや・やまむら」




「・・・の『かずら橋』ね!」




「読めてねぇー!」









『かずら橋』
四国の山奥、1千メートル級の山に自生する直径8センチもある「しらくちかずら」を5トンも使用して造られた驚異の吊り橋。

『かずら橋』の最古の記録は1646年。『阿波国図』に7つの『かずら橋』が記載されているが、いつ頃からあったのか、誰が造ったのかは諸説あるが不明確。

祖谷(いや)地域には平家の落人の集落があるため、この地域に逃げてきた平家の一党(平国盛?)が、万が一、追っ手が迫った時に即座に切り落とせるようにこのような橋を考案したとも伝えられている。


『かずら橋の作り方』(夏休みの自由課題に最適!)
まず、両端の大木から5本の「しらくちかずら」を通して「敷き網」にし、次に左右2本ずつの「壁網」を通します(「しらくちかずら」は火であぶると加工しやすいよ)。
そして丸太や割木の「サナギ」と称する橋桁を細蔓で「もつい壁(欄干)」に丁寧に編み上げていきましょう。言い忘れてましたが長さは45m、谷からの高さは14mもあるので落ちないように気をつけてね☆

意外と簡単でしょ?


「なにが『気をつけてね☆』だ・・・。」





さて、実はこの『かずら橋』、よく見るとしっかりワイヤーが通されている。
大正時代までは100%自然素材だったが危険防止のため1923年には全ての『かずら橋』が架け替えられてしまった。

そう、『かずら橋』は一度、消滅している。

しかし1928年、地元有志によって『かずら橋』は復活、ただし安全性重視の為、ワイヤーを通す事になったというわけです。
がっかりする人もいるようだが、僕はわずか5年の空白で復活させた事を評価したい。
「伝統」というのは誰かが守らなければ簡単に消えてしまうもので、三世代途絶えた時点で永久に失われる(結局それ以降は残った資料を元に推測と想像で復元せざるを得ない。それはもはや「伝統」ではなく「考古学」である)。

そんなわけでたとえワイヤー張りであっても、危うく途絶えかけた伝統技法を次世代に繋いだ先人達に敬意を表したい。
現在でも 3年に一度架け替えが行われており、村人総出で約2週間を要するとか。ご苦労様です・・・。

IMG_2443_1.jpg
しかしワイヤー張りだからといってナメてはいけない。
見よ、この床木の間隔。20センチはあるだろうか。ワイヤーを通しているとはいえ、結局は木にくくりつけているだけなので、一歩ごとに大きく揺れ、手放しで歩けるほど生易しいものではない。






「日本ほど伝統文化を大切にしてきた国はない、とオレは思うのだが・・・。」




「何?どうしたの?」






「え?何コレ?」




「年間50万人もの観光客が来るってんで、三好市が張り切って『かずら橋』周辺を開発しちゃってるんだよね。昔からやってる民間の駐車場は無料とか、高くても200円なんだが、画像の市営駐車場は500円。軽くボラレた気分になる事ウケアイ。」


「う~ん、これだけ大規模な開発があると『秘境にある不思議な橋』ってイメージじゃないわね。」




「開発された場所にあるワイヤー張りの揺れる橋・・・。そうなると伝統文化と言うよりテーマパークのアトラクションだよな。」



「お金が欲しいのは判るけど、空気読めよって感じだね。」





↓そんな僕も飲み会とかで全く空気読まなかったりする。
人気blog歴史ランキングへ

FC2 Blog Ranking
↑空気読むのって難しいよね。そんなアナタもクリック
アクセス解析


スポンサーサイト

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/06/21(水) 18:55:08|
  2. 知られざる日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<熊野磨崖仏で凶器を手に入れた | ホーム | 韓国の英雄と大分県の偉人(後編)>>

コメント

今日も

こんばんわ

橋自体が残ってもその趣が失われるのは残念ですね。大学の授業で「日本人は建造物自体は大切にするが、周りとの調和に関してはまったくの無頓着だ」と言っているのを夢うつろに聞いた覚えがあります。「その点ヨーロッパは・・・」覚えてないや。


それにしても、毎日それだけのものを作れるのがすごいなっと思います。まだ全部見れてませんが、楽しく読ましてもらってます。


p.s.学校の自己紹介で空気を読めずに
ウケを狙いに行って、凍死しそうになった経験があります。
  1. 2006/06/21(水) 21:59:15 |
  2. URL |
  3. 怖がりブレイバー #-
  4. [ 編集]

まさしく!

>「日本人は建造物自体は大切にするが、周りとの調和に関してはまったくの無頓着だ」

まさしくそうです!
僕もいろんな所に行きましたが、景観というか調和というか、歴史的建築物の目の前にパチンコ屋を建てんなよと、憤激したトコもありますね。
いずれ出しますけども。

  1. 2006/06/22(木) 00:26:18 |
  2. URL |
  3. コウノスケ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kunisaki.blog69.fc2.com/tb.php/27-c27d591f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コウノスケ

Author:コウノスケ
特攻隊の亡霊クニオと少女サキの
「祖国日本」を知る旅。








最近読まれている記事

    ☆ブログ内ランキング☆ アクセス解析

カテゴリー

最近の記事+コメント

全タイトルを表示

月別アーカイブ

ブログ内画像ランダム表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブログランキング

FC2ブログランキング


人気blog歴史ランキング

お気に入りブログ



  • takeshima dokdo dokto tokdo tokto
  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。