くにさき画報

死するとも なほ死するとも我が魂よ 永久に留まり御国護らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

踊る!晋作オンステージ!


彦島が外国に奪われそうになったというお話の続きである。」






「♪三千世界のぉカラスを殺しぃ~♪」











「なんか変なのキターーー!」





bakan1.jpg
馬関戦争。下関戦争、四カ国連合艦隊下関砲撃事件とも言う。

1863年に尊皇攘夷の急先鋒、長州藩が馬関海峡(関門海峡)を通過するアメリカ船ぺンプローク号を攻撃、
その後もイギリス、フランス、オランダの艦船に砲撃を加えた。
1864年、この四か国は連合艦隊を結成、軍艦17隻・兵員約5000人を投入して長州藩に報復を行う。これが馬関戦争。

w12tyoshu11.jpg
彦島沖に集結する四カ国連合艦隊。この写真は国東半島沖の姫島近海とも言われているが詳細不明。
(彦島も姫島も知っているが多分、彦島だと思う。)


連合軍・陸戦隊に占拠された前田砲台。
この戦争で長州藩は完敗、戦後処理を含めた和議交渉という難しい局面に長州藩は当時、脱藩の罪で投獄され、謹慎中だった高杉晋作を交渉の正使に任命する。
有能な人材であれば問題児であっても登用するあたりが当時の長州藩の強さだろうか。
それではその交渉の様子をリアルに再現してみよう。
ちなみに連合国側はイギリス海軍キューパー提督だったらしいが画像がみつからないので、
同行していたパークス公使にご出演願った。




「オレが長州藩代表、シンサク・タカスギこと宍戸刑馬である。」




「ンーフン?アナタ、以前イギリス公使館ヲ焼キ討チシタ人ニ似テマスネェ?」





「知らぬ。そんな事より和議の話なのだが。」



「アーハ?イイデショウ・・・。デハ我々ノ主張ハコウデス。
オマエラ、ジャップハ身ノ程モワキマエズニ、一方的ニ攻撃シテキマスタ。
全ク猿ノ分際デ、フザケヤガッテデース。
トリアエズ彦島ヲ租借シテ下サイ。香港ノヨウニ・・・。」



「ウオオォン!!」





ビクッ!





「そもそも、日本国は、高天原より始まり、はじめ国常立命(くにのとこたちのみこと)ましまして、
続いて、いざなぎ・いざなみ二柱(ふたはしら)の神、天(あめ)の浮橋(うきはし)に立ち、天の瓊矛(ぬぼこ)をもって海をさぐられ、その矛(ほこ)の先からしたたるしずくが島になった。まずできたのが、淡路の国のおのころ島…」


「オーノー、コイツ危ナイ奴デス・・・。ナゼコンナ、キ●ガイト交渉セナアカンネン・・・。」





「というわけで我が国は神のおわす国であり、これまで一坪たりとも他国に貸したことはなく、
ましてや我々が租借など勝手に決める事などできようか?いやできまい。
まず八百万の神々に伺いを奉り・・・。」


「オーミスター・・・頭痛ガシテキマスタ・・・モウ30分ハ一人デ喋ッテマスガ、ソロソロヤメヤガッテ下サイ。
彦島ハモウイイデス、ヤッテランネーデス。金デ解決シル。
トリアエズ賠償金300万弗払ッテクダサーイ。




「ウオオォン!!」





ビクビクッ!





「元はと言えば攘夷決行日を定めた幕府に責任があると言うのに、我々に支払えとおっしゃるか!
そもそも我々のような地方の小藩にそれほどの莫大な賠償金を支払う能力などあろうか?いやあるまい!
藩祖、毛利輝元公がこの地におわしめされたのは今より二百六十余年前・・・。」


「ノーノーノー、ミスター、オーケーデス。ワカリマスタ。ダカラモウ、勘弁シテクダサイ・・・。」





このように緊迫した交渉の中、彦島租借を突っぱね、さらに賠償金を幕府に押し付けるという荒業を高杉晋作はやってのけた。

敗戦の戦後処理という難しい状況下、エキセントリック先生・高杉晋作は長州藩を救い、さらに日本の領土を守ったのである。

IMG_0784_1.jpg
現在の下関に長州藩の砲台が再現されている。
馬関戦争の三年後に高杉晋作は27歳の短い人生を終える(←若い!)

*彦島租借について
イギリス政府は彦島租借を要求した事はないと主張しているが、当時、交渉に臨席していた日英双方の通訳が彦島租借のエピソードを証言している。
イギリスの目的は幕府との交渉を有利に進める事であって、彦島は取れたらいいなぁー程度だったのではないかと個人的には思う。
もし高杉晋作が強気で出てなかったら、オマケ程度の感覚で領土を奪われていたかも知れない。





ウハハハハ!晋作先生、さすがです!毛唐どもが面食らっております!」




「フフフ・・・ちょっとキレたヤツを演じさせれば僕の右にでる者はいないよ・・・。」




「この人の場合、絶対に演技じゃないわ・・・。」






『踊る!晋作オンステージ!』  おわり、、、

しかし
エキセントリック晋作先生の人生はこんなもんじゃない。
晋作オンステージはまたそのうちやりたいと思います。



人気blog歴史ランキングへ

FC2 Blog Ranking
ちなみに高杉晋作も靖国神社に祀られている。
アクセス解析
スポンサーサイト

テーマ:幕末 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/07/17(月) 02:41:00|
  2. 幕末維新烈風伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<宮島【厳島神社】 | ホーム | 彦島について>>

コメント

キター

高杉さん。
この人、好きなんでスよねえ。
若くして亡くなったってのもあるかもしれんですが。
奇兵隊に関わってたり、政治に関わってたり、
そりゃーもう大活躍だあ。
キレ具合が一番好きなんでスけどもv-238
  1. 2006/07/17(月) 13:53:43 |
  2. URL |
  3. かっぱやろう #-
  4. [ 編集]

かっぱさん、こんばんは

風無き大地に嵐を呼ぶ男、それが晋作w
ちなみに2・3年ほど前に萩市と下関市が晋作の記念館を巡って大喧嘩しておりましたw
結局、萩市がぶんどっていったようですが。
  1. 2006/07/17(月) 20:34:42 |
  2. URL |
  3. コウノスケ #-
  4. [ 編集]

はじめまして

高杉晋作のエピソード興味深く読ませていただきました

高杉晋作の革命思想は非情であり
それだからこその明治維新があった
そう感じています

彦島でTBさせていただきました

不躾をお許しください
  1. 2006/12/05(火) 09:01:50 |
  2. URL |
  3. CHAKO2 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kunisaki.blog69.fc2.com/tb.php/46-15f25c83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コウノスケ

Author:コウノスケ
特攻隊の亡霊クニオと少女サキの
「祖国日本」を知る旅。








最近読まれている記事

    ☆ブログ内ランキング☆ アクセス解析

カテゴリー

最近の記事+コメント

全タイトルを表示

月別アーカイブ

ブログ内画像ランダム表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブログランキング

FC2ブログランキング


人気blog歴史ランキング

お気に入りブログ



  • takeshima dokdo dokto tokdo tokto
  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。