くにさき画報

死するとも なほ死するとも我が魂よ 永久に留まり御国護らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千年水田『田染荘』


また大分ネタか。そろそろ海軍ネタやろうぜ。」




「(無視)国東半島が誇る荘園の里、田染荘(たしぶのしょう)の紹介でーす。」






IMG_2482_1.jpg
国東半島の付け根、豊後高田市のはずれにある「田染荘(たしぶのしょう)」
ここは宇佐神宮直轄の荘園があった場所だ。
794年の墾田永年私財法の成立以降、この地は宇佐神宮主導の下、開墾が行われた。
一時は武家の手に渡ったが、1274年・1281年のいわゆる元寇の後、武家や神社が褒章を求めて訴訟を起こしまくっていた流れで再び宇佐神宮の荘園に戻る。

IMG_2481_1.jpg
その後、田染荘自体は時代の流れと共に変化していったが、
この小崎地区だけは中世からほとんど形を変える事なく現代まで受け継がれた。
土地の地形を利用して様々な曲線を描きながら不揃いな形をした水田の姿、日本の原風景が広がる。



1689年に作成された小崎地区の地図と現在の航空写真。当時の地図作成能力が低かったとしても大体一致している。
水田の形などはほとんど手を加えていないそうな。

IMG_2485_1.jpg
随分前に豊後高田市が小崎地区に電柱を建てた事があったが、
地元の人々がこの地域の特殊性を説明し、景観維持の為に電柱の撤去を求めると市は意外にあっさり撤去した。
現在、小崎地区は保護地域に指定されている。
数年前にこの田染荘の水田の写真がどこかのコンクールで入賞して話題になったようだ。

syuukakusai.jpg
これは秋の収穫祭の写真。田染荘では毎年、宇佐神宮に最初に収穫された米を献納している。
千年前の水田を撫でる風、小川のせせらぎ、虫の声。たまには難しい事は忘れてド田舎で深呼吸してみてはいかがでしょうか。





「まさに『まんが日本昔ばなし』の世界だな。」




「農村部に生まれてなくてもこうした風景が懐かしいと感じるのはナゼかしら。
きっとみんな心のどこかに古き良き日本の風景を記憶しているのかも知れないわ。」



「ところで『まんが日本昔ばなし』のオープニングテーマの作詞作曲コンビは『死ね死ね団のテーマ』のコンビでもある。
ある意味天才だ。」







注釈*『死ね死ね団』
『愛の戦士レインボーマン』(1972年~1973年)に登場する架空の秘密結社。
日本人を激しく憎悪するミスターK率いる超反日組織。
日本崩壊をもくろみ、日本人を拉致したり、薬物をばら撒いたり、エセ宗教団体を立ち上げたり、偽札を作ったりと様々な工作を行う。
(↑今これを国ぐるみでやってるリアル死ね死ね団が存在するワケだが。)





→人気blog歴史ランキングへ

→FC2 Blog Rankingへ
田染荘の話が死ね死ね団のインパクツに負けている気がする・・・。

スポンサーサイト
  1. 2006/08/05(土) 18:01:48|
  2. 知られざる国東半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<まとまらない考え | ホーム | ドン・フランシスコ>>

コメント

こんばんは

確か、「兼八」?「釈云麦」という焼酎はここいらあたりで最初できたような気がします。違うかったらすいません。

庶民のお酒をアホどもが値段をつり上げてますが....かなり話がそれてすいません。

ここいらのお米が意外と隠れ場的でめちゃくちゃおいしいです。私も仕入れております...こっそりと。
  1. 2006/08/05(土) 20:31:10 |
  2. URL |
  3. テツ #-
  4. [ 編集]

確かに。

へぇ~。曲線の田んぼって珍しいですね。でも懐かしい感じがする。不思議ですね。
  1. 2006/08/05(土) 20:37:55 |
  2. URL |
  3. milesta #S4B2tY/g
  4. [ 編集]

こんばんわ

テツさん、詳しいですね!
宇佐の兼八を知っているとは・・・通の間では有名なんだと聞かされてはいましたが。確かにこの辺りで収穫された麦や米でつくられたものです。
焼酎に関しては大分は世界最強レベルですよ。悲しい事に僕はお酒は激ヨワなんですが・・・。

milestaさん、こんばんわ
水田が曲線なのは少しずつ開墾されたからでしょうか。この不規則さがいい味出してるんですよ。
ここは、というか国東は主に年配の方が訪れるんですが、確かに渋いトコばっかりです。
  1. 2006/08/05(土) 21:55:29 |
  2. URL |
  3. コウノスケ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/08/05(土) 23:20:59 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

おー

なんか懐かしい風景でスねー。
こーゆーあぜ道ででスね。
昼寝してー。

>リアル死ね死ね団が存在するワケだが

笑いまスた。
ほんとだーよ。

>そろそろ海軍ネタやろうぜ

あちしも希望。
やってやって。
期待。
  1. 2006/08/06(日) 02:34:30 |
  2. URL |
  3. かっぱやろう #-
  4. [ 編集]

こんばんは!

milestaさん、
ご指摘有難う御座います!今まで何かとブレがあったんですが、
これを機に意識して正しく使用したいと思います。

かっぱさん、
『死ね死ね団』、僕は世代ではないんですが、あのテーマを聴いた時は腰が砕けるような笑撃でした。
海軍ネタなんですが、宇佐の海に面白いものがあります。ただ写真を撮るのが至難の業。先日、一度断念したばかりですw
また秋頃に再挑戦の予定です。
それまで小ネタでお茶を濁そうかと・・・ゲフッ。
  1. 2006/08/06(日) 20:34:09 |
  2. URL |
  3. コウノスケ #-
  4. [ 編集]

機械などが入る前はこういう曲線のがほとんどだったらしいですね。
土地利用の究極ですね。

リンクありがとうございます。僕もさせてもらってもいいですか?
  1. 2006/08/06(日) 22:54:53 |
  2. URL |
  3. ウナム #A8BJpryA
  4. [ 編集]

ウナムさん、お早う御座います

近世以前はどこも傾斜を利用した棚田になっていたそうです。その名残も見られますね。
リンクの件ですがどーぞどーぞ(^^)フリーですけん
  1. 2006/08/07(月) 08:50:25 |
  2. URL |
  3. コウノスケ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/08/07(月) 09:40:42 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kunisaki.blog69.fc2.com/tb.php/59-6b276e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コウノスケ

Author:コウノスケ
特攻隊の亡霊クニオと少女サキの
「祖国日本」を知る旅。








最近読まれている記事

    ☆ブログ内ランキング☆ アクセス解析

カテゴリー

最近の記事+コメント

全タイトルを表示

月別アーカイブ

ブログ内画像ランダム表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブログランキング

FC2ブログランキング


人気blog歴史ランキング

お気に入りブログ



  • takeshima dokdo dokto tokdo tokto
  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。