くにさき画報

死するとも なほ死するとも我が魂よ 永久に留まり御国護らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まとまらない考え


日本人にとって重要な意味を持つ日が続く。
8月6日に『広島・長崎』について何か書こうかと思ったが考えが纏まる事もなく、書けば書くほど矛盾が生まれて混乱する有様。
「戦争と平和」「個人と国家」「理想と現実」等々・・・、
今の浅薄な知識では纏まった文章は書けないと判断、途中まで書いたものを消した。

「平和が一番」とか「命を大切にしないヤツなんて大っ嫌いだ!」とか、そういう言葉を並べるだけなら簡単ですが、思考停止に陥る危険はないだろうか。
それに、普段「平和」という言葉をよく使う人達の「胡散臭さ」というものが僕を素直にさせてくれないでいる。

日本の核武装論についても葛藤がある。
僕は日本の核武装については可能性を排除すべきではないと考えている。
「状況如何によっては核武装もやむなし」という考えだ。
日本に対して軍事的恫喝を加えてくる周辺国に対するカウンターとしてのカードを、こちらから捨てる必要はないという程度ですが。

しかし一方で日本の核武装について強い抵抗感が存在する。
かつて同胞を、犬や猫や、鳥や草木や、あらゆるものを実験紛いの作戦で焼き尽くされた事を思えば、
この嫌悪すべき兵器を日本人が手にしてよいのだろうかと悩みだす。
世界で唯一、実戦で被爆した日本人が核武装する・・・なんだか悲しい世界だなぁと思う僕がいる。
僕ですらそう思うなら、左巻きの人、平和盲信者の方々は如何ほどだろうか。
ただし、前述したように僕は「状況によっては核武装やむなし」という考えではある。

と、まぁ核武装論一つとってもブレるワケで、『広島・長崎』についてはやはり今年も断言できる主張の確立は成りませんでした。


ちなみに日韓翻訳掲示板などで韓国人がよく「もう一度アトミックボムを受けたいか」などと挑発してくるわけですが、
「原爆」→「自業自得」→「反省・謝罪・賠償」→「日本人が土下座するなら日韓友好」
という思考が当然のように定着しているようです。
特定アジアや日本のサヨクは大体こういう論理を使ってきますね。
これについては、それとこれとは論点が違うという事をクドイぐらい説明したうえで拒否しますが。

IMG_1010_1a.jpg
爆心地の空。
2006年8月。僕は地を這う一匹の悩める日本男児。
全ての犠牲者の為に、黙祷。





→人気blog歴史ランキングへ

→FC2 Blog Rankingへ


スポンサーサイト
  1. 2006/08/08(火) 23:28:25|
  2. 戦争の記憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<『男たちの大和/YAMATO』 | ホーム | 千年水田『田染荘』>>

コメント

こんばんは。
日本の核武装についてですが、私は今の東アジアの情勢を見る限り、持たざるを得ないだろうと思っています。
なぜなら、日本は先の戦争で米国から原爆を落とされましたが、何故落とされたのかというと、日本が原爆を持ってなかったからです。もし持っていたら、報復される恐れがあるので、アメリカも使わなかったでしょう。
ですから、二度と広島や長崎のような悲劇を起こさせないために、抑止力として核兵器を持つべきだというのが私の考えです。
コウノスケさんのご意見とは違うかもしれませんが、参考までに。
  1. 2006/08/09(水) 00:27:46 |
  2. URL |
  3. spiral #-
  4. [ 編集]

spiralさん、ありがとうございます。

核の抑止力というものは僕も重々承知しております。
インド・パキスタンの状況を見ても、核が抑止力となった現実はやはり考えさせられます。
その印・パの開発競争の折、日本の高校生達が核兵器廃絶を訴えに行って、逆にインド人から論争を吹っ掛けられ泣かされて帰ってくるのを複雑な気持ちで観てました。
日本人の平和幻想はリアルに争う国々には全く通用しないという事を改めて認識、さらに中国・朝鮮の動向から僕は「状況によっては核武装やむなし」という考えに到っています。
(ただ正直、その「状況」の定義を問われても答えに窮します。その「状況」が発生した時点で武装・配備するのは間に合わないとも思いますし・・・。)

「抑止力としての核」は理解できるのですが、心理的な抵抗がある事も事実です。
僕が感じているこのジレンマは多くの人が感じているのではないでしょうか。

核武装論、今はまだ非現実的であり、わずかながら時間的な猶予もあるように思います。
しかし遅かれ早かれ決断せねばならなくなる時も来るでしょう。
肯定派も否定派も、このジレンマをどのように解いていくかにあるような気がします。(僕と同じ「条件付き肯定派」は答えをはぐらかしているだけかも知れませんが)
核武装論についてはまだ思案中、貴重なご意見有難うございます。
  1. 2006/08/09(水) 01:25:56 |
  2. URL |
  3. コウノスケ #-
  4. [ 編集]

こんにちは。
核兵器の所持については、確か1960年代ぐらいまでは、世論調査をすると、「所持しても良い」という意見の方が多かったそうです。それが、戦後の平和教育や自虐史観教育によって、国民の意識が変化していき、日本中に核アレルギーが蔓延するようになったというのを、何かの本で読んだことがあります。
世界的な常識でも、「目には目を」ではないですが、日本は核を落とされたからこそ核を持つ資格がある、というのが常識的な考えのようです。
私も戦後教育を受けた世代ですから、核兵器所持について心理的抵抗がありましたが、中国やロシア、そして北朝鮮のような、日本の敵国といっても差し支えない国々が核を持ってる(北はまだ開発中ですが)現状では、日本が核を持たないというのは、非現実的な選択ではないかと考えています。
実際に所持するかどうかは別にしても、議論はもう始めるべき時だと思います。
  1. 2006/08/09(水) 11:02:48 |
  2. URL |
  3. spiral #-
  4. [ 編集]

“本を読もう!!VIVA読書!”さんのコメント欄に福岡の方が、長崎の原爆投下に合わせた夏休み中の「登校日」について書かれていました。
http://blog.goo.ne.jp/tokkun-book/e/3c185994bee033e11f6fc68555d555cc

小学生のお子さんがその登校日に先生から、
「日本が、いろんな国にひどいことをしたので、原爆を落とされた、
ひどいことをしたのだから、
原爆を落とされても仕方がないことだ、
これからは、平和を求めていこう。」
と聞かされて家に帰ってから、
「日本って本当にひどいんだね、
日本人は悪いんだね、
日本に生まれたくなかった」
と言ったそうなんです。

悲しくて、情けなくて、頭に来ました。何で純粋な子供にそんなデマを教えて、日本人としてのプライドを傷つけるんだろうと。
うちの子は、こちら(オーストラリア)の現地校で、無知な先生に、「日本はオーストラリアより人口が多く見えるけど、それは国土が狭くてぎゅうぎゅう詰めに住んでいるからそう見えるだけよ。」と言われただけで傷ついてきました。本当は7倍もの人口なのに、何でそんなに矮小化するの?と思ったみたいです。(本当は先生が無知なだけ。)
子供って、それ程感受性が豊かだし、自国についてのプライドだって持っている。なのに、日本の教師の中には故意に酷いことばかりすり込んで日本を嫌いにさせる人がいっぱいいますよね。子供の人格形成にも悪影響を及ぼすと思うんですよね。

核兵器保有についてはコウノスケさん同様、
>「抑止力としての核」は理解できるのですが、心理的な抵抗がある
というところです。

  1. 2006/08/09(水) 11:24:40 |
  2. URL |
  3. milesta #S4B2tY/g
  4. [ 編集]

難しいスね

↑で皆さん書いてらっしゃいますが・・・
あたしゃ核兵器、積極的でないにしても肯定派です。
コウノスケさんがおっさることも、ようわかりまス。
んでもまあ、人間てまだまだばかでスからねえ。
ニンゲンがニンゲンである限り、争い事はなくならないだろうし。
核には核を持ってするしか抑止できませんから・・・
日本は唯一の被爆国だし、核廃絶を訴えるの当然でスが、
理想では世の中渡っていけないんでスよねえ・・・
悲しいことでスが。
  1. 2006/08/09(水) 11:43:38 |
  2. URL |
  3. かっぱやろう #-
  4. [ 編集]

核の保有は何度も議論になるし、今の現状を考えたとき核武装っていうのは必要なもののようにも思えるのだけど
原爆資料館などをみると、やっぱり核はひどいもので、とても持つとはいえなくなってしまう。

核を持っている国を断罪できるくらい日本が発信できれば、またそういう感覚に世界意識を変えていければいいのですけど
先進国の核を放棄させれない現状じゃどうしようもないですね。

日本の核武装に文句いう前に、まず今持ってる国にそれぐらいの勢いで食いかかってもらいたいものです。
それができれば日本も核武装の必要がなくなるのですよね。
  1. 2006/08/09(水) 20:34:40 |
  2. URL |
  3. ウナム #A8BJpryA
  4. [ 編集]

皆さん、こんばんは。

spiralさん、
>実際に所持するかどうかは別にしても、議論はもう始めるべき時だと思います。

僕もそう思います。思考のプロセスを経る事無く、「平和が一番、だから反対」とか「敵が持っている、だから賛成」など、
安直に流される層が一番恐ろしいですね。
冷静に現実的に思考を巡らして、来るべき決断の時に慌てる事のないようにしたいです。
僕としては国益に適うかどうかが判断の基準ではありますが。

milestaさん、
その登校日の話、凄いですね・・・。凄いというか酷いというか・・・。
僕が「平和」という言葉に胡散臭さを感じる要因の一つですね。彼らは「平和」の対極に「日本」を持ってこようとしますから。
日本嫌いを助長する教師達はその自覚もなく、反体制・民主の闘士のつもりだからタチ悪いです。
教師というより社会がそんな風潮だったように感じます。
彼らは日本が日本でなくなる事がアジアの平和の為だと真剣に思っているのではないかと疑ってしまいますね。

ちなみに日本の領土面積がドイツより広い事を話すと驚く日本人も僕の周りにはたくさんいます。
日本の事を日本人が知らなければ外国人が正確に判るワケもなく・・・。

かっぱさん、
ええ、核廃絶は理想というより幻想ですね。後戻りなどできないわけですから。
アメリカの核の傘に守られた国で核廃絶を訴える、ベリーアイロニー。
ただ核を使用すると激しい非難が沸き起こるという状況は保っておいてよいかと思います。

ウナムさん、
やはり抑止力として保持する事は許容できても使用に関しては僕はとても許容しづらいですね。
核保有国が核を放棄するなど非現実的でまさに幻想です。それどころか途上国に拡散している始末。

>日本の核武装に文句いう前に、まず今持ってる国にそれぐらいの勢いで食いかかってもらいたいものです。

全くですね。平和団体やサヨクの方々は何故か現保有国の中国や開発・保有を明言している北朝鮮にはノータッチですからね。
そんな中途半端なスタイルで日本の核武装論に感情的に反発されても説得力ないんだコレが。


僕が日本人でないなら諸手を挙げて核武装賛成だったでしょう。上記に挙げたように僕は「状況によっては核武装やむなし」の立場です。
仮に核武装するにしてもすんなり決まってはならない、深い議論の末の苦渋の選択であるべきだと思ってます。
それは僕が平和教育を受けてきた影響かもしれませんが、日本国核武装論に関して現在はそのように考えています。
みなさん、貴重なご意見ありがとうございました。
  1. 2006/08/09(水) 21:51:10 |
  2. URL |
  3. コウノスケ #-
  4. [ 編集]

難しい問題ですよねぇ、ワタクシも考えはまとまっていません。

今のところ考えとしてはコウノスケさんと同様、ジレンマがあるのは確かですねぇ。

>核を持っている国を断罪できるくらい日本が発信できれば

ウナムさんの考えには同感です(勝手に引用失礼!)
  1. 2006/08/09(水) 22:30:32 |
  2. URL |
  3. 電気ブラン #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ご訪問ありがとうございます

難しい問題ですが、避けては通れないことですね。
おおいに迷って、話しあうことじゃないでしょうか。
国の土台さえ出来上がれば、核の保有は危険ではないと思います。
いまは、その土台が半分腐りかけてるから・・・。
  1. 2006/08/10(木) 03:25:54 |
  2. URL |
  3. 失敗だらけだフニャ #lPbted/2
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

電気ブランさん、
難しいです。ちなみに僕は自衛隊を国防軍に格上げするというのは明確に賛成なんですが、
国防を突き詰めていくと核武装論は避けては通れないんですよねー。

失敗だらけだフニャ さん、
土台半分、腐って溶けちゃってますが・・・。
ただ、骨なしの土台崩れな日本の現状に、多くの人達が気づいて危機感を持ち始めているのも事実。

いつの日か中国は抱えた矛盾や腐敗や混乱を隠し切れなくなるし、その前に北朝鮮の体制は崩壊するでしょう。
その時に間違いではない決断を素早く下せるように気骨ある国になれているかどうか・・・。
今、とても重要なポイントに差し掛かってる気がしてなりません。

  1. 2006/08/10(木) 18:04:32 |
  2. URL |
  3. コウノスケ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kunisaki.blog69.fc2.com/tb.php/60-fadf9392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コウノスケ

Author:コウノスケ
特攻隊の亡霊クニオと少女サキの
「祖国日本」を知る旅。








最近読まれている記事

    ☆ブログ内ランキング☆ アクセス解析

カテゴリー

最近の記事+コメント

全タイトルを表示

月別アーカイブ

ブログ内画像ランダム表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブログランキング

FC2ブログランキング


人気blog歴史ランキング

お気に入りブログ



  • takeshima dokdo dokto tokdo tokto
  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。