くにさき画報

死するとも なほ死するとも我が魂よ 永久に留まり御国護らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

友人がドン引きした話

*ちょっと古い記事ですが記録がてらにアップ。


犬5万匹近くを一斉処分 狂犬病対策で中国

【北京31日共同】
中国雲南省の牟定県政府は31日までに、狂犬病対策で軍用犬を除く県内の犬約5万匹の一斉処分に乗り出し、
90%以上を殺したことを明らかにした。中国各紙が同日報じた。
 雲南省の地元紙「生活新報」によると、同県当局は4月以降、県内で住民3人が狂犬病で死亡した事態を重視。
公安局長をトップとした犬退治専門のチームを組織、処分に着手した。飼い主への補償金は1匹当たり5元(約72円)。
当局者は「適切な措置だ」と話している。
 同チームは飼い主が散歩に連れ出した犬やマイカーに乗せられた犬などを徹底的に“摘発”。
「この犬は家族の一員。見逃して」と泣きながら哀願する女性飼い主の前で、愛犬がこん棒で殴り殺される様子などを各紙は伝えている。



先日、知人との話の中で犬の話題になった。
その折、僕が上記のニュースを話すと思いのほか激しいリアクションがあった。
「中国とは理解し合えない」「撲殺なんて野蛮」と特に女性陣の怒りが激しい。
そうだ、中国人種が野蛮かどうかは別にして、日本と大陸では価値観が違うという事を理解するのは大事な事だ。

「アジアの兄弟」「アジアが一つになればアメリカも怖くはない」
それは日本人の中にある大アジア主義への憧れかどうかは判らないが、アジア諸国との友好を謳う人々が、
往々にして用いるレトリックで、一応の説得力はある。
そしてこれが日本人の贖罪意識と相まって見事なまでに中国に操られるようになってしまう。
(勿論、彼らが言うアジアとは特定のアジア諸国である。)

しかし、中国や韓国について少しでも調べたならば、価値観の違いと彼らの魂胆に気づくはずだ。
韓国に親近感を持っている人はアヘン戦争から日清戦争までの朝鮮の歴史を調べてみると良い。
朝鮮民族が日本人に近く感じるのは、単に彼らが日本化しているだけで、本質はまるで違うという事を知るだろう。

話を戻すが、中国の話に眉をひそめる友人達に、僕はさらに中国の環境汚染や行政の腐敗、
世界中で行われる反日キャンペーン、そして悪質なハニートラップなど、ここぞとばかりにたたみ掛けた。
さすがにドン引きである。彼らは発展した上海や、映画のイメージだけで中国を観ていたからだろう。

僕は思った。
「発展し続ける21世紀のアジアの超大国」という幻想の中国ではなく、今現在のリアル中国をこそ日本人は知るべきだ。
敵を知り己を知れば、彼らがなぜ日本に介入したがるのか、彼らが何を目論み、何を恐れているのか、
自ずと答えは導き出されるはずだ。そして日本人が守るべきものは何なのかが。

特定アジアとはいえ友好は結構な事だ。だが彼らに合わせる事はない。
彼らは日本人より自分達の方が道徳的だと本気で思っているが、現実を見ればそうでは無い事ぐらいわかるはずだ。

最近、韓国なんてどうでもよくなってきた。
彼らは相変わらず日和見的で事大主義、他力本願、我田引水しか頭になく、
そんな彼らが「アジアのバランサー」を気取る事自体がコメディーの一種にしか見えないからだ。
戦後60年、韓国が日本に、或いはアジアに何か貢献したか?
彼らは百年前も今も、「自分達が世界に何が出来るかではなく、世界が自分達に何をしてくれるか」しか考えていない。
放っておいても彼らは金魚のフン以上にはなれない。

そんな属国より反日宗主国である中国への対応が先決だ。
急激な発展の裏で、ドロドロに腐っていく中国、リアル中国を、
まずは僕が知らねばと思い始めた今日この頃です。
C003.jpg





→人気blogランキングへ

→FC2 Blog Rankingへ


スポンサーサイト
  1. 2006/08/21(月) 20:42:10|
  2. 時事・雑感
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8
<<おっぱい山 | ホーム | アドミラル・トーゴー>>

コメント

>「アジアのバランサー」を気取る事自体がコメディーの一種にしか見えないからだ。

理想論にすらなっていない展望で世界中から冷笑を浴びた例の言葉ですね(笑)。
ある意味、トップがこんな発言をする国ですから平和と言えますね、さすがに国民すら呆れてるらしいですが。

やはり脅威は中国ですねぇ、北朝鮮にも強い影響力があるわけですし。
単なる個人的な推測ですが中国は今後、面立ったものではなく水面下での干渉が激しくなるのではないかと思っています。
未だ多い中国寄り政治家の動きに注目していきたいと思ってますね。
  1. 2006/08/21(月) 23:04:12 |
  2. URL |
  3. 電気ブラン #mQop/nM.
  4. [ 編集]

電気ブランさん、こんばんは

まぁ、ノムたんも韓国歴代大統領の伝統を引き継いで任期後にお縄が待っていそうな気がしますが。
殺されたりしなきゃいいなぁと思うぐらいですね。彼に関しては。

中国の外交は狡猾です。日に影に策謀を張り巡らせて日本の足を引っ張るでしょうね。
果たして日本の政治家に対抗できるか本当に不安です。
靖国の一件で日本国内の肯定的な反応を見るや、批判のニュアンスを変えてきました。実に老獪だ。
戦後の日本人は余りにも純情過ぎました・・・。
  1. 2006/08/21(月) 23:47:18 |
  2. URL |
  3. コウノスケ #-
  4. [ 編集]

極端でスよねえ

うちの実家には、ニャーがいまス。
とても愛らしいでス。
いきなり殺されちゃったら、あちし暴れまス。
( ゚д゚)、ペッ
コウノスケさんの意見のよーにでスね。
韓国は見て笑っとればいいんでスが。
中国は老獪でスからネ。
そっちへの対応と、日本を普通の国にするのが急務でスね。
サッチャーみたいな人が出てくるといいんだけど・・・
  1. 2006/08/22(火) 08:12:52 |
  2. URL |
  3. かっぱやろう #-
  4. [ 編集]

ほんと~うに中国は怖い。
これが人間か?というような残忍なことを政府も、民衆も平気でしますからね。『大地の子』とか『ワイルド・スワン』には、リンチみたいな場面いっぱい出てくるし。
なんで騙されちゃう政治家や経済人がいるのかわからない。どんなに甘い言葉を言ってきても、中国だけは信用できないです。

韓国はそれに比べたら、無知というか真っ直ぐというか、わかりやすい。もがいている感じですね。
  1. 2006/08/22(火) 09:17:35 |
  2. URL |
  3. milesta #S4B2tY/g
  4. [ 編集]

こんばんは!

かっぱさん、
ウチにもニャーがおりましたが今年の春に15年の猫生を閉じました(T-T)。
韓国はどうでもいいッス。ただ壊れ逝くノムたんの行く末が楽しみなだけで。

そんな愚民国より中共です。
やつら日本からせしめた金をアフリカ・東南アジア諸国にばら撒いて外交やってますからね、
中共に対する警戒心がないと日本は骨の髄までしゃぶられますよ。
スキを与えない鉄壁の政治家が欲しいです。

milestaさん、
>韓国はそれに比べたら、無知というか真っ直ぐというか、わかりやすい。

それ、僕も思います。彼らはいつでも有利に見える方の味方ですから。
韓国は「癇癪を起こす幼児の国」と誰かが言ってましたが、哀れなぐらいに単細胞です・・・。
まぁそれが彼らの良いところなのかも知れませんが。
中国はもうなんちゅーか、犯罪もムチャクチャなら、行政も常識はずれですからね。

日中友好・日韓友好とは言うけれど、一方的にしゃぶられるだけの友好とはこれ如何に。
中韓が変わらなければ真の友好は有り得ません。
  1. 2006/08/22(火) 22:51:39 |
  2. URL |
  3. コウノスケ #-
  4. [ 編集]

ちゃいならいふさんの『写真で読む中国 ~ 人民とその社会』に犬狩りの画像が挙がりました。
かなりショッキング。見る場合は覚悟の程を。
http://blog.livedoor.jp/chinalifestyle/archives/50657236.html
  1. 2006/08/25(金) 08:31:36 |
  2. URL |
  3. コウノスケ #-
  4. [ 編集]

旅行・出張・チケット

旅行・出張・チケット http://soever.archiunite.net/
  1. 2008/08/30(土) 01:51:32 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

マロウでダイエットに失敗?!

マロウはヨーロッパ原産のアオイ科の多年草です http://farming.consultsmartz.com/
  1. 2008/10/31(金) 08:33:32 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kunisaki.blog69.fc2.com/tb.php/68-437bc78d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『大地の咆哮 元上海総領事が見た中国』 杉本信行

大地の咆哮 元上海総領事が見た中国杉本 信行 (2006/06/22)PHP研究所この商品の詳細を見るなんと皮肉なことだろう。アジア随一の資本主義国日本は中流家庭が多く、世界で一番社会主義に近い国だと言われるのに対し、強力に社会主義
  1. 2006/09/01(金) 13:16:46 |
  2. 本からの贈り物

プロフィール

コウノスケ

Author:コウノスケ
特攻隊の亡霊クニオと少女サキの
「祖国日本」を知る旅。








最近読まれている記事

    ☆ブログ内ランキング☆ アクセス解析

カテゴリー

最近の記事+コメント

全タイトルを表示

月別アーカイブ

ブログ内画像ランダム表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブログランキング

FC2ブログランキング


人気blog歴史ランキング

お気に入りブログ



  • takeshima dokdo dokto tokdo tokto
  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。