くにさき画報

死するとも なほ死するとも我が魂よ 永久に留まり御国護らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国東半島の鬼




「また国東ネタか・・・懲りんのう・・・。」



(無視)
「今回は豊後高田市の天念寺の紹介です。」





IMG_1193_1.jpg
豊後高田市長岩屋の天念寺。
天念寺は養老二年(718)に開かれたとされる随分古いお寺だ。ここのポイントは「川中不動尊」と「修正鬼会(しゅじょうおにえ)」の2つ。

IMG_1191_1.jpg
天念寺の目の前を流れる長岩屋川の中の岩に高さ3.23メートルの不動明王と2童子が彫られている。

IMG_1192_1.jpg
江戸時代中期に川の氾濫を鎮めるために彫られたという。
実際、昭和16年の水害では寺の存続が危ぶまれる程の被害を受け、国宝の仏像を埼玉の寺に売って、辛うじて再建されたらしい。(仏像は42年後の平成9年に豊後高田市が買い戻した。GJ!)

現在は長岩屋川は整備され、川中不動周辺は流れが治まるようになっており、鯉とかがいるチョットした池っぽくなっている。
川の流れに抗う不動も見たかったが、地元にとっては川の整備は死活問題なので止むを得まい。

tennenji.jpg
この天念寺の特徴といえば何と言っても「修正鬼会(しゅじょうおにえ)」だろう。
「修正会」とは平安時代から奈良や京都の寺でも行われてきた正月行事で五穀豊穣を祈るもの。「鬼会」は早い話が節分の行事。
この二つが一緒になったものが国東の「修正鬼会(しゅじょうおにえ)」というわけです。

t_onie33.jpg
前述の川中不動の前で身を清めた後、4mのたいまつをぶつけ合ったりするハチャメチャな行事だ。

t_onie01.jpg
その後、暴れる赤鬼とそれを鎮める黒鬼が出てきてタップダンスのような舞を踊る。

この行事は昔は国東半島中の寺で行われていたらしいが現在はこの天念寺と岩戸寺、成仏寺の3ヵ所でしか行われていない。(それぞれの寺でやり方は少し違うようです。)




木造建築の中で火祭りとは豪気な・・・。」




「他の地域の鬼会行事は“悪い鬼を追い払う”行事なんだけど、国東では鬼は良い事もすると考えられているの。だから国東の鬼にはツノがないんだけど、最近はそういう事を知らない人が増えて、修正鬼会のキャラクターデザインとかにはツノがあったりする。歴史を知らないって怖いわ。」


「前回のケベス祭りの話の時にもあったが、どうも国東では異形の者を“暴れるけど益をもたらすヤツ”と見ているフシがあるな。」



「渡来系が多かったんだと思う。“火”は鍛冶師を現すコードでもあるし。国東半島北部の竹田津・香々地は中国大陸から、姫島などは朝鮮半島からの渡来を示唆する伝承が残ってるわ。いづれやるけど。」



「韓国人や在日が飛びつきそうなネタだな。」




「まぁその時は日本書紀を信じてもらう事になるけど。」








『国東半島の鬼』 終わり





(日本書記には倭国が朝鮮半島南部を支配したという記述がある為、韓国人は“日本書記は捏造偽書”と主張している)
人気blog歴史ランキングへ

FC2 Blog Ranking
(しかし何故か同じ日本書紀に書かれている渡来系の話だけは信じている。アホめ。)
アクセス解析


テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/06/30(金) 16:37:24|
  2. 知られざる国東半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

熊野磨崖仏で凶器を手に入れた


「今回は久々の国東半島のお話でーす!」




「ふーん」







大分県は日本で最も石仏の多い地域である。
中でも国東半島にある『熊野磨崖仏』は日本最大級を誇る。



磨崖仏のある胎蔵寺までは宇佐駅からバスが出ているが結構な距離があると思う。(豊後高田市には駅がないのだ!)
胎蔵寺からさらに山道を上がると鳥居が見える。
そして鬼が一晩で築いたと言われている乱積の石段を99段登りきった所に磨崖仏がある。

IMG_1204_1.jpg
胎蔵寺からだいたい30分ぐらい登山を楽(苦)しんだ後、ようやくその姿を現す。
不動明王像が約8m、大日如来像が6.7m。
制作年代は奈良時代とも鎌倉時代とも平安末期だのいろいろ言われている。

IMG_1202_1.jpg
当初は全身が刻まれていたらしいが風化による崩壊によって今の形になったらしい。
大日如来像の頭上には曼荼羅が見える。

DVC00001.jpg
ふもとにある土産物屋で買った「苦逃幸来鬼(くにさきおに)」というお守り。なんでも国東にしかない珍しい菱の実で、鬼面に見える事から名づけられたらしい。僕も国東生まれですが初耳です。
まぁ、護身用の武器にはなりそうだ。

国東は独自の宗教世界を持っていて神やら仏やら鬼やら龍やら弘法大師やらに纏わる伝承や習慣が残っているのは確かで、そういえば僕も「おせったい」とかいう行事に参加した事があったなぁ。
うんうん。終わり





「うオイッ!早いよ!
もっと掘り下げろよ!



「まぁ興味のある人は自分で調べるだろう。だいたい国東半島は地味なもんしかねぇんだよなぁ。」



「あるよ!
国東には素晴らしいものがたくさんあるよ!」



「おっ、ゾマホンの物まねか?懐かしいね。」





「・・・・・・ッ!」









『熊野磨崖仏で凶器を手に入れた』 終わり





↓やっつけ仕事もお手の物。
人気blog歴史ランキングへ

FC2 Blog Ranking
↑ゾマホンは現在ベナン大統領特別顧問。
アクセス解析



テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/06/23(金) 15:08:02|
  2. 知られざる国東半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

コウノスケ

Author:コウノスケ
特攻隊の亡霊クニオと少女サキの
「祖国日本」を知る旅。








最近読まれている記事

    ☆ブログ内ランキング☆ アクセス解析

カテゴリー

最近の記事+コメント

全タイトルを表示

月別アーカイブ

ブログ内画像ランダム表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブログランキング

FC2ブログランキング


人気blog歴史ランキング

お気に入りブログ



  • takeshima dokdo dokto tokdo tokto
  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。